スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかとブスの特集です!


夏を前異にしてかちかちになっちゃった、がさがさだわと悩んでいるひとが多い。

テレビで女性たちにこんな質問をしていました。
「ちょっとかかとを見せてもらってもいいですか?」

女性からの話では、

「砂漠みたいになりません?」
「砂漠!」

「おろし金みたい」

「ぶすですね」

「かかとブスです。」

というもの・・・
かかとブス!!!

あなたのかかと、自信ありますか?



つるっとしてきめ細やかな「かかと美人」
それに対して
カッチカチのかさかさの「かかとブス」

どれほど「かかとブス」になっている?
なかには剃刀で削っている人もいた。
削りすぎると、さらにかかとブス化が悪化するようです。

そもそも皮膚のもっとも外側にある角質は、
 新陳代謝により
  アカとなって自然にはがれる
でも
摩擦や圧迫など強い刺激でからだを守ろうとして古い角質が残って乾燥
その角質をむりに削って刺激をすると、さらに体を守ろうとしてさらに角質が厚くなる。
かかとが鱗状態になった女性。
角質層水分量を測定してみると・・・
※顔の場合、数値が20で潤いがある肌の目安だが、測定結果、1.6しかない。
専門家の話では、かかとブスには3つのタイプがあるようです。

1.黄色かかとブス



角質があつくなって汗でふやけている状態。
汗っかきの人に多い。
皮膚に水分がありひび割れはない。

2.黒かかとブス



黒ずんで見えるが消して汚れているわけではない。
熱くなった角質が靴などに擦れることで黒ずんでいる

3.白かかとブス(もっとも多い)



固い角質がわれてめくれころもがついているような状態に・・・
さらに悪い状態、それは、
「うろこみたいに割れてくる方は、一応、水虫検査をした方がよい」

でもなぜ、かかとブスになる人が増えているのか?

それは

「フローリングのような固いところが一番かかとに負担がかかります。」
フォローリングには要注意!
そして番組の中の実験では・・・
フローリングを歩いた場合、畳を歩いた場合の約2倍もかかとに衝撃を与えていた。

番組でかかとブスから脱却のためのグッズが紹介されていました。参考にしてみては・・・

グッズは大きく3つのものに分かれる。

「削るタイプ」「むくタイプ」「保湿するタイプ」がある。

グッズとして、
一番人気は、「ベビーフット」(30分タイプ)


ベビーフット イージーパック スピードタイプ 30分タイプ Mサイズ 

足型のビニールにジェル状の液体(フルーツ酸が主成分)が・・・
足を入れて30分間で約1週間で不要な角質がズルむけ状態。



そのほかにも・・・

「足用ピーリングスプレー」
かかとにスプレーを吹掛けこすると・・・
どんどん消しゴムで落とすように不要な角質が落ちていく。


フットメジ 足用ピーリングスプレー 110ml

はくだけで、かかとが保湿される靴下。
「キラキラかかと」


キラキラかかと 黒 1足入 22~25cmサイズ



かかとケアのポイント
1.まず肌をふやかしてからけずる。
2.こするのは一方向のみ
3.毎日保湿


上記の記事は、「特ダネ」で放映されたものをまとめました。



Webビジネスを変える「Yahoo!リスティング広告」
サイトを作ったのに…いい商品を揃えたのに…みんなが見てくれない…
検索結果で上位に表示されなければなかなか見てもらえません。
あなたも検索してみてわかると思いますが検索結果から10ページ以上のサイトってそんなに見ませんよね!
ではどうすればいいのか!
Webのサイトアクセスアップ & 見込み客の呼び込むマーケティング

Yahoo!リスティング広告 サーチのチカラがビジネスを広げる。Yahoo! JAPAN リスティング広告のスポンサードサーチ(R)で宣伝するのが一番の近道です。
(※ 私もやってますが設定もそんなに難しくないと思います。)

↑リスティング広告の設定方法です。大きく表示も出来ますので参考にしてください。
今、いろいろな機種のインクジェットプリンターが販売されています。
印刷物は依然と比べ、きれいで、高速になっています。
でも、インクって結構な値段がするんですよね。

うちでも某メーカーのインクジェットプリンターを使用していますが、インクが高くて…
正直、1ヵ月くらいプリンターからインクがなくなった警告エラーが出ましたがそのままにしていた時がありました。

プリンターのコンディションにはいいとは言えませんが正規のメーカーのインクは5,000円ぐらいしますから大変です。
5,000円って私にとっては安い金額ではないです。
それでいて印刷する用途がたくさんあって大変です。

そこでインクの金額をできるだけ安くしするため、 激安インク販売の【インクナビ】送料無料。 を使用してみるのもいいのでは?

印刷量が増えれば増えるほどその差は歴然!
まず!試してみては!

試して駄目だなぁと思ったらやめればいいんです!




スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
[ 2014年10月24日 19時36分 ]
情報
| トラックバック(0) | コメント(0) | @

| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。